読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMM.comラボエンジニアブログ

DMM.comラボのエンジニアブログです。DMM.comを支える技術について書いています。

部門目標設定合宿してきました!

BLOG

こんにちは、技術広報の木下です。
今回は私も所属するDMM.comラボのシステム本部のエンジニアを支える組織
システムサポート部についてのお話を少しさせていただきたいと思います。

DMMのエンジニアってまだあまりイメージにない・・・と言われる機会が多いのですが、
実は現在約500人のエンジニアが社員としてDMM.comラボで働いています。

うちシステム本部のエンジニアの数は約290人。
主なオフィスは東京と金沢にあります。

そんなシステム本部のエンジニアの方々がより良く開発を出来る環境を作るために!
と、日々色々と改善業務や契約業務などを行っているのが私たちシステムサポート部です。

さて、そんな組織を支える部署の我々ですが 業務をこなすためには明確な指針が必要。

みんなで話し合って目標決めますか!!!

ということで、目標設定合宿に行って来ました♪

f:id:dmmlabotech:20170213180401j:plain:w500

@湯河原温泉 おんやど恵

www.onyadomegumi.co.jp

“合宿 会議"で検索していたら開発合宿プランと言うものがヒット。

温泉あるし、ネットもつながるし、会議室あるし(24時間使える)、都心から近い!!
という文句なしの条件。

温泉というワードに心躍らないわけがありません。

いやでも目的は目標設定! しっかり会議もしてきました。

合宿の様子

f:id:dmmlabotech:20170217105154j:plain:w500

会議室の設備も整っています。
ホワイトボード、延長コード、電源タップ、Wi-Fi お水やお茶のポットも置いておいてくれます。

システム本部という組織が大きくなるとともに、
私たちシステムサポート部の人数も増え、仕事の幅も広がってきたので
まずは部内の業務を認識するところからスタート。

気になった事はどんどん突っ込みます。 f:id:dmmlabotech:20170217114415j:plain:w500

一人ひとりやっている業務はまちまち。 雰囲気何をやっているのか知っているけど・・・
ちゃんと聞いた事はなかった。

どんどん質問が出てくるので、あっという間に予定が崩れましたw ということでご飯をはさんで夜もしっかり会議をすることに。

夕ご飯はワイワイと

f:id:dmmlabotech:20170217110912j:plain:w500

合宿プランのご飯はご宴会向けとは別構成の開発合宿専用メニューとなります。

と記載が有りましたが、充分な量、温泉に来た♨気分になる湯河原の幸が詰まったご飯でした。

一旦会議室からはなれて頭もスッキリ出来ます。
f:id:dmmlabotech:20170217110749j:plain:w500

会議第2ラウンド 

ご飯を食べて、人によっては軽くお風呂も入っての第2ラウンド。
2016年度下期の振り返り、目指す方向について
いつものスタイルで進めていきます。
f:id:dmmlabotech:20170217114506j:plain:w500

10人ほどの人数で伺ったので、会議室もほどよく広く使う事が出来ました★
おかげで模造紙とポストイットだらけになりましたが(笑)

f:id:dmmlabotech:20170213172731j:plain:w500

お部屋にはコタツが

f:id:dmmlabotech:20170217115007j:plain:w500
24時間会議室が使えて、いつでもお風呂入れる素敵な環境って言っても・・・・・・
合宿とはいってもみんなでお酒も飲みたいし・・・・・・

ということでしっかりみんなでお酒も楽しみました♪

歩いて10分ほどの距離にコンビにもあるので 冬でもふらふら行ける距離です!

泊まる部屋に入って感動したポイントは大きく2つ!

① コタツがある
② 部屋風呂が檜風呂

コタツってたまらないですね。
冬限定かもしれませんがとてもほっこりしました。

2日目

f:id:dmmlabotech:20170217122041j:plain:w500

朝ごはんも結構ボリューミー★
しっかり食べて、朝も温泉に入って思いおもいに過し
また少しだけMTGも。
宿自体のチェックアウトは11:00なのですが、会議室は12:00まで利用可能なので
ギリギリまで使わせていただきました。
f:id:dmmlabotech:20170217124724j:plain:w500
天気もよかったので足湯に浸かりながらすりあわせも出来ちゃいました。
幸せすぎるMTGです。

湯河原温泉

1泊2日の会議合宿は思いのほかあっと言う間だったのですが、 せっかく湯河原に来た、ということでしっかり遊んで帰りました♪

立ち寄ったのは足湯施設「独歩の湯」

www.yugawara.or.jp

f:id:dmmlabotech:20170217122647j:plain:w500

男女半々のチームなので、足湯に浸かりながら普段しないような話で盛り上がったり。

海が近いので海鮮もしっかりいただいて

最後は和菓子作り体験も。

mirakuan.shop-pro.jp

練り切りはみんな初体験。とても性格が出ます。面白いです。 作った物はお土産として持ち帰ることができるのも嬉しい♪ f:id:dmmlabotech:20170217122605j:plain:w500

まとめ

普段問い合わせを色々受けている部署だからこそ、隔離された空間でしっかりMTGできる時間はとても貴重でした。 もともとズバっと言いあえるチームではあるのですが、さらに深まった気がします!
「サポートチームとしていかに現場の活性化や流通を行うのか」
「チームとしてどうありたいのか」
言葉にして話し合う事で想いを1つにする事が出来たと思っています。

これから六本木オフィスへの移転とバタバタな時期へと突入しますが、 新しいビルでもよりよい環境づくりをできるようチームで努めていきたいと思います♪

16年新卒でLT会をしてみたら思った以上に面白かったって話

勉強会 BLOG 16新卒

はじめまして。システム本部 CTO室って所に所属しております矢野(@yanoshi)です。
16新卒としてDMM.comラボに入社しました。
さて、今日はそんな私達新卒に関するお話です。


弊社の新卒に関して、以前研修に関する記事にて取り上げられていました。
labotech.dmm.com
今から見るととても懐かしいですね。とても半年程度前の出来事とは思えません。
こちらの記事にもあるように、エンジニアの新卒だけで30名以上おります。いっぱいですね。いわゆる「Web系IT企業」と呼ばれる会社で、この人数の新卒が居る会社ってそこまで多くは無いのではないでしょうか。

せっかく人数が多いので、上の記事に写っているシステム本部エンジニアの同期間でSlackの窓を作っていたりします。わいわいしょーもない話をしたり、積んだ時に相談したりと重宝していて「この人たちのコンテンツ力、すさまじいな」とひしひしと感じています。
f:id:dmmlabotech:20170205205958p:plain


さて、そんなSlack窓を見ながらと思うことがありました。『みんな面白そうな事をしてるなぁ』って。
『すごいことしてそう!』『掘ったら面白いネタが出てきそう!』『なにか深い闇を踏んでそう!』…そう私の感性がささやきかけてきました。

これはもうその素晴らしい知見を共有する取り組みを行うしか無い!!! ということで1月某日、新年会の意味も込めて新卒同士*1で集まってLT会をしてみました!



弊社はそれなりに大きな会社です。なおかつ「良い意味で何でもあり」を自称しているだけあって、たくさんの新規案件が並列に行われています。何処でどんなことをしているのか把握するのは結構大変だったりします。そんな悩みの解決にも繋がったりします。
新卒同士なら、ゆるい発表を気兼ねなくできるし、きわどいスライドを作っても誰からも怒られないし、それってすなわち最高だね!ってところです。




前置きが長くなりましたが以下LT会の様子を書き出してみました。

*1:技術研修を一緒に受けていたメンバー

続きを読む

片桐ヒマボタン爆誕

BLOG DMM近未来工作部

こんにちは。DMM近未来工作部(非公認)のコーイチです。

さて、この1月に弊社の代表が交代したことをご存知でしょうか?
新社長は片桐といいます。

その片桐の秘書曰く「暇なときには暇と貼っておくので気軽に雑談しに来てください」。

f:id:dmmlabotech:20170124155549j:plain:w500

とはいえ、オフィスは複数のフロアに分かれていることもあり、
紙では何時社長が暇なのかが伝わりきれません。

というわけで!!! 社長に暇であることをアピールしてもらうボタンを作りました。

片桐ヒマボタンの誕生です。

f:id:dmmlabotech:20170124155617j:plain:w500
ボタンを押すとBotやWeb Pushから「社長が暇だ」と通知が来るだけのボタンです。

主に4名で作成しました。 以下がぞれぞれの役目です。

  • 社長へのプレゼン (白虎課長)
  • ボタン筐体作成 (ニャタモン)
  • ボタンハードウェア+ファームウェア実装 (金髪豚野郎)
  • ボタンクラウド実装 (コーイチ)
続きを読む