読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMM.comラボエンジニアブログ

DMM.comラボのエンジニアブログです。DMM.comを支える技術について書いています。

DMM.com Labo × インテリジェンス × エウレカ 3社合同Go言語勉強会 

イベント 勉強会 資料公開

10月4日弊社ガーデンプレイスオフィスにて3社合同のGo言語勉強会を開催いたしました!

 

f:id:dmmlabotech:20161006143427j:plain

 

弊社も含め約80名での開催!

開発で実際に使われている方から興味があるけど触った事がない方まで、
幅広く沢山の方にお集まりいただきました。

当日の各社のタイトルがコチラ。

f:id:dmmlabotech:20161006145036j:plain

 

インテリジェンスさん

◇ Go言語をMIIDASではどう使っているか
◇ Golang❤microservie
◇ Golang こんな時どうする?

エウレカさん

◇ go generate
◇ Avoid a race condition

インテリジェンスさん、エウレカさんの登壇資料は
各ブログにてご覧いただけます!

インテリジェンスさんの登壇資料はコチラ

エウレカさんの登壇資料はコチラ

弊社

◇ 5ヶ月でプロダクションにGoを導入したお話

タイトル通りではありますがビッグデータ部で
Goを採用するにいたった理由や開発時に躓いたことなどを
これから使い始める向けにお話させていただきました。

登壇時に使用したものから、公開できないものを削除しましたが
下部にて資料を公開させていただきます。

 

登壇者からヒトコト

f:id:dmmlabotech:20161006154523j:plain

DMM.com Labo システム本部  藤井

これからGoを始めようという方向けに、
自分たちが躓いたところ等を交えて発表しました。

実は直前まで、誰をターゲットにするかといった部分も定まっておらず、
社内レビューで多くの指摘を受け、直前まで修正をしていました(汗)
お陰で発表を何とか形にすることができたかな?と思っています。
ご協力頂いた皆さん、ありがとうございました。

発表後の懇親会で、エウレカ/インテリジェンスの方と話した際に、
“自分たちが躓いたところ”と同じ経験があると、盛り上がるシーンも多かったので、
発表通じてシェアできて良かったなと感じました。

また、社内エンジニアからも、読書会をやろう等の声が上がっていたので、
弊社内でも、よりいっそうGoを盛り上げていきたいなと思っています!

 

f:id:dmmlabotech:20161006143445j:plain

DMM.com Labo システム本部 鈴木 
今回の勉強会では、Go言語の魅力を伝えることができたと同時に、
私自身もとても勉強になることが多く、非常に実りのある時間になったと感じています。

勉強会ではパッケージを利用する上でのハマりどころなどを紹介しました。
発表が終わった後の懇親会でもGoに関する話をして、「同じところで躓きました」
という感想をいただいたり・・・やはり皆さんのつまづくポイントは
だいたい同じようなところであることがわかり、
有意義な情報交換をすることができました。

何よりも、Goを実際にプロダクションにおいて利用している企業が交流できる機会をいただけて本当によかったと思います。
今後も、社内外を問わずGoの魅力を発信して盛り上げていきたいと考えています。
あとやはりなんと言っても、Gopherはカワイイです。
誰でもGopherになれます(大事なことです)

登壇資料

 

さいごに

ご参加いただいた皆様、ご登壇いただいた皆様、ありがとうございました。

懇親会も大賑わい、外部の方も片づけを一緒にしていただけたとても温かい会でした。

f:id:dmmlabotech:20161006144342j:plain

今回は3社内だけでの勉強会でしたが、今後はオープンな勉強会も開催して行きたいと考えておりますので、合同開催のお声がけなどもお待ちしてます♪